×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸垂器具 安さで選ぶならコレ!コストパフォーマンスが高い・省スペースの家庭用懸垂マシーン

マルチジム

懸垂器具は多くのメーカーから販売されていますが、家庭用のものは懸垂中、少し揺れるぐらいは覚悟して購入しましょう。いずれも懸垂に支障が出るような商品ではありません。選択の際は、見た目や価格・耐久性・機能等で選びましょう。

懸垂マシーンは比較的お値段が手頃ですが、よりお手頃価格な懸垂マシーンを探している方に人気なのが、このマルチジムです。

高級感のあるフォルムで、取り外しが可能なシットアップベンチ付き・腹筋もできます。

懸垂マシーンを比較する

高さは調節可能、最大長さを表示してます(HXXXcm)
マルチジム マルチヘルシートレーナー 【送料無料】 シンワ 懸垂マシーンII STM-047<代引き不可>【フジックス】

商品名:マルチジム

サイズ:W100×D115×H220cm
組み立て式
価格:7,980円
送料:2,625円
沖縄・離島:3,675円

商品名:
マルチヘルシートレーナー

サイズ:W102×D67×H210cm
組み立て式
耐重量:80kg
本体重量:18kg
価格:6,990円
送料:1,050円
北海道・沖縄・離島別

商品名:
シンワ 懸垂マシーンII STM-047

サイズ:W105×D70×H220cm
組み立て式
耐重量:90kg
本体重量:21kg
価格:10,286円
送料:無料
代引不可

懸垂器具は家庭でも使いやすい

家の中にはなかなかぶら下がれるところはありませんから、家庭で懸垂やぶら下がり運動をしようと思ったら、懸垂器具が必要です。懸垂器具が自宅にあれば、わざわざ公園に行かなくていいし、雨の日でも懸垂運動が出来る。それにそこまで場所をとらないから導入しやすいです。ただ、意外と奥行きがあり、タンスひとさおぐらいの厚さの場所は取るので立てたままにする場合は気をつけましょう。

懸垂器具が家庭でも使いやすいのは、懸垂だけでなくぶら下がり運動もでき、家族全員で使用できるから。最悪物干し竿になります(笑)

懸垂器具でどこを鍛えられる?

当サイトで紹介している懸垂器具には中央部分に出っ張り、取っ手が付いてます。これがあることでディップスという運動もできます。また下部にある取っ手を使って腕立て(プッシュアップ)ができます。あとシットアップベンチが付いていれば一応腹筋(シットアップ)ができます(個人的に心許ないかなぁと思うので”一応”にしておきました)。

懸垂により広背筋や大円筋、上腕二頭筋、ディップスにより上腕三頭筋、大胸筋、三角筋を鍛えられます。シットアップでは腹直筋を鍛えられます。

懸垂は、公園に行けば鉄棒などで気軽にできるものの、家庭内ではなかなか安全にできる場所はないもの。懸垂は懸垂棒さえあればできるトレーニング方法なので、懸垂(チンニング)をするための筋トレ器具には、チンニングスタンドのような単機能でシンプルなものから、パワーラックのような総合的なジム用品でチンニングもできるというものなどいろいろあります。経験的に言うと、ひとつトレーニング器具を導入すると他の種目もしたくなり、いろんな種目のできる器具を買えばよかったとあとあと後悔することも多いと思います。シンプルな器具が手ごろで使い勝手もいいのですが、懸垂だけでなく他のトレーニングもしたいと思う可能性があれば、個別に揃えずに済むような多機能な器具を購入する方が結果的に場所も取らず、いい買い物になると思います。とはいえ、ぶら下がり健康法なるものもありますから、家族で使えて、単純にぶら下がるだけでも意外と楽しいものなので、チンニングだけできれば良いという方も多いですね。

おすすめの懸垂器はこちらです。

マルチジム|ファイティングロード

適度な機能でコンパクトに収納できるタイプなので、場所をとるのが気になる方にも良いのではないでしょうか。

Copyright © 2011 懸垂器具|自宅で懸垂(チンニング)· All Rights Reserved·